2016/10/22

卓上扇風機を作ったとか

もう夏も終わり、秋に差し掛かっていますが、私が住んでいる神戸市はここ数日なぜか暑いので、卓上扇風機を作ってみました。

きっかけとか、どーでも良いって人はページの真ん中ぐらいまで飛ばしてくださいw。


近年、節電やら健康の問題やらで、職場のエアコンの温度が上げられたり、エアコンすらない夏の職場で、デスクワークをする方の傍らで活躍するのが卓上扇風機。
もう、あるのとないのじゃ仕事の効率が違いますな。それは私だけw?

そんな卓上扇風機ですが、コンセントタイプだけではなく、USB で電源を取るタイプの製品も多く出回っています。私も無印良品の二枚羽の卓上扇風機やら、その卓上扇風機に似た Geekway の製品を買っていました。

これらの製品はデスクワークでは風量も十分ですし、静音性もまずまずで満足していたのですが、一つ問題がありました。

それは、耐久性です。
私は日中ずっとデスクワークばかりしていて、扇風機はその間ずっと使っていることになるのですが、Geekway の製品は、1ヶ月ももたずに使い物にならなくなりました。まぁ、購入直後からカラカラと音がなっていたり (回転部の接触不良)、製品が入ってきた箱には Made in China とありましたので、安さ相応なのかなと思います。無印良品の製品は、まだ現役ですが、購入直後に比べると風量が落ちてますし、時々スイッチの制御が甘いのか強モードになったりします。

これまで買ってきた製品は、卓上扇風機のおすすめサイトを見て買っていたのですが、ほとんどが風の強さや静音性、デザイン性でまとめられていて、耐久性にはほとんど触れられていません。

同じことを感じている人はいたみたいで、原因はモーターの整流子とブラシの摩耗にあるそうです。
USB扇風機ふたたび|こむぎブログ~猫とコンピュータ~

じゃあ、摩耗しないタイプの無整流子モーターの卓上扇風機を買えばいいじゃんと思ったのですが、そんなモーターの特性まで書いている販売サイトはなかなかない訳で…。

というわけで、初めから無整流子モーターが使われているであろう PC に使われているファンを利用することにしました。調べてみると、PC のファンを利用した卓上扇風機を作っている猛者は結構いるみたいで、作り方のサイトはよくあります。

ありますが、ハンダ付けとかホットボンドとか、 いかにも猛者って感じです。
そこまでして頑張りたくない私は、以下のものを Amazon でぽちって組み立ててしまいました。
(以下、Amazon のリンクなので、ブラウザに AdBlock をインストールしていると、製品が表示されなくなります。見る場合は AdBlock を一度外してからご覧ください。)

台座はこれ。
これは 12V タイプなので電源が別途必要なのですが、5V タイプは USB の電源ケーブルも入っているそうなので、USB で駆動させたいって人はそちらを買ったほうがいいんじゃないでしょうか。

ファンは指向性があるということで有名な SST-AP121。
メーカーの仕様によるとフルに動かすには 12V が必要ってありますが、最低動かすには 5V あればいいようですので、上の台座の 5V タイプでも動かせるのではないでしょうか。
あと、指向性にこだわったのは、別件でサーバ数台をまとめて冷やすための小型のファンを買ったのですが、 意外に風が拡散してしまって 1m 先まで風が届かない…という残念な経験があったので、こちらにしました。
あと、このファンの耐久性は 50,000 時間のようです。24 時間フル稼働で、5年半はもつ計算ですね。回転数は 1,500 rpm で、これは扇風機の強に当たるらしい…。
→「素朴な疑問 QA625

電源は 12V を供給できるタイプの電源を購入 (台座の 5V タイプを買う人には不要)。
これ、買ってから知ったのですが、外付けのデバイスのセルフパワーにも使えるようですよ。


で、Amazon から本日全部届いたので、組み立ててみました。

まずは開封の儀を。

台座。
シンプルなパッケージの中に、台座と組み立てるのに必要なネジ、ケーブル、ゴム足が入っています。説明書はない!

ファン。
上品な感じのパッケージに7枚羽のファン、電源変換ケーブル、プッシュピンなどの PC ケースに取り付けるためのパーツが入っています。

電源。
パッケージの割に、中身はシンプル! アダプタ、スイッチ付きケーブル、4 ピンから SATA に電源を変換するケーブルのみが入っています。


さて、組み立てに入ります。必要な道具は、精密ドライバくらいでしょうか。

まず、ファンを台座に固定します。 というか、メインの作業はこれくらいですw。
説明書がないので、パーツをあれこれ動かしてみました。

70度と90度が選択できるとあったから、こうかな…。
なんだか、ネジ穴の位置がファンと合わないようなので、降参! Google 先生に画像検索で尋ねてみました。

意外や意外、間に挟めるのではなく、前後に付けるみたいです。
 顔に風を当てたいので、斜めに固定してみます。ちなみに、風の向きは PC 組み立てる人なら常識なんでしょうが、念の為…ファンの中心のラベルがある方に吹いてきます。なので、上の写真の右側はちょっと効率が悪くなりますね。逆向きにしないと…。

まず、長い黒ネジで留めます。

ネジ穴が結構きついので、不要かもしれませんが、裏側をナット?で留めます。

卓上扇風機の設置場所が傷つかないように、付属のゴム足?を貼り付けて、ファン本体は完了。

電源と接続します。
ファンに付属している変換ケーブル (5V、7V、12V と書いてあるケーブル) をファン側のケーブルに接続します。さらに、今回は 12V の電源が確保できているので、12V を電源に接続します。5V タイプであれば、5V に接続すればいいのかな。

これで完成。
早速、電源をコンセントに挿して、スイッチオン!

音は無印良品のファンに比べると小さく、そんなに気にならないレベルですね。
回転数から、風量が扇風機の強だと判断していましたが、ファンの径が小さいので体感では弱〜中な感じでしょうか。それでも、指向性があるのでしっかりと風は届きます。
ただ、このファン、裏側はファンガードがないので、左右の向きを変えるときは持つ手に気をつけなければなりませんw。

ケーブル周りは不格好ですが、おおむね満足のいく卓上扇風機ができました。これで数年は卓上扇風機で、買い悩むことはないでしょう。

2016/10/04

ASUS Vivobook LA200HA を入手してみたとか

メイン機が Linux Mint 18 を入れたノート PC だったり、デスクトップ機だったりする無銘闇人です。
ですが、今回は、ASUS Vivobook L200HA (Windows10) のレビュー記事になります。


一昔前は、PC もシングル CPU で、メモリも貧弱だったため、仮想マシンは趣味の範囲でしかなかったのですが、今は仮想マシンを数台、1つのマシンで動かせるほど手頃な価格でハードウェア入手できるようになりました。
おかげで今では Windows が必要な場合は VirtualBox で作った仮想マシン上で作業ということを当たり前のようにしています。(昔はデュアルブートとかトリプルブートとか頑張ってたなぁ…。)

しかし、プリンターやプロジェクター、特殊なデバイスは、Windows 環境でのテストしかしていないため、Linux で動かないことがしばしば。なので、どうしてもネイティブな Windows PC が最低 1 台必要になります。

とはいえ、デバイスの確認やらネイティブの Windows でしか動かないソフトウェアのために高額な PC を買うのも、そのためにスペースを空けるのも嫌だなぁと思い、格安でありながら、そこそこ使えるノート PC をサブ PC として確保しています。

これまでは Lenovo S10-2 やら、Asus Eeebook X205TA を使ってきましたが、Lenovo S10-2 は 4~5年使ってきたのでディスプレイに寿命が来てお陀仏。ASUS Eeebook X205TA は昨年購入し、この前まで使っていたのですが、Windows 10 の Universal Update を適用したところ、Wifi ドライバが不調で、再インストールしても不調のままだったので、別 PC の購入に踏み切りました。

ドライバ周りが不調だった X205TA ですが、軽さやバッテリー持続時間 (11時間くらい)、キー配列、処理速度はサブ PC としては悪くなく、価格も 3 万円程度と安かったので、後継機の Asus Vivobook L200HA をポチりました。

ちなみにこの L200HA は公式ページにないモデルで、ベースとなっているのは ASUS Vivobook E200HA。違いは、付属の microSD の有無と色違いくらいでしょうか。なので、ここでのレビューは E200HA の参考になるかもです。
違いについては以下のサイトでまとめられています。
ちなみに、X205TA も E200HA も、内部ストレージは eMMC というフラッシュメモリストレージ (速度は HDD 以上 SSD 未満で交換不可) の 32 GB なので、ちょろっと使えればいい人向けか、microSD に VHD イメージを構築してストレージを拡張できる人向けの PC です。あと、フラッシュメモリの寿命も考えないといけないので、長く使いたい人には不向きかもしれません。

さて、早速レビューといってみましょう。

まず、外装パッケージ (写真左) は、X205TA (写真右) と同じですね。

中身は本体と、電源ケーブルのみ (説明書もありますが) でシンプルです。電源ケーブルは X205TA と少し違い、ケーブルの被覆がつや消しタイプになっていて、柔らかくなっています。

本体の比較。左のピンク色 (写真左) が X205TA で、黒色 (写真右) のが L200HA。後継機だけあって、サイズは同じですね。

厚さもほぼ同じです、多分…。L200HA (写真右) の色が黒っぽいせいか、少々厚く見えます。
写真は左側面の写真ですが、電源、microSD スロット、microHDMI は共通していますが、L200HA ではイヤホンジャックがなくなり (右側面に移動; 下の写真を参照)、USB 3.0 が 1 つ付いています。

右側面の写真。L200HA (写真右) では、移動してきたイヤホンジャックと、USB 2.0 が 1 つ付いています。トータルでは USB の個数に違いはありません。X205TA (写真左) では、右側に外付けストレージも繋がなければならなく、USB メモリを刺したまま、マウスなどの移動が多いデバイスを右側に置くとぶつかって壊しそうだったのですが、L200HA ではその心配が改善されているようですね。

キーボードは、よく使う 左 Ctrl が端にあり、ファンクションキーや半角/全角キーもよく見る位置にある、Enter キーの大きい典型的な日本語キーボードです。
押し心地は、X205TA (写真左) の時はペタペタした感じで、押し込みが浅く、少々押す力が必要で、その分反発も強かったのですが、L200HA (写真右) は、キーが少し浮いている分、クッション (バネ)?が入っているのか軽いタッチで押せます。

電源を入れた中身は、基本的に X205TA と同じです。
  • CPU が変わっているのでスペック的には上でしょうが、体感ではわからないですね。
  • スピーカーは、X205TA と同じく本体下部の手前から出るので、変わりはないかと。
  • USB Charge Plus というソフトウェアが付いています。なんでも、PC が電源に接続されている際に、USB でスマホとかを急速充電ができるらしいです。素晴らしいですね。使ってないですけど…。
  • X205TA であった電源ボタンを長押ししないと電源が入らないとか、そういうのはないですね。X205TA はスペックはいいんだけど、細々としたトラブルが多かったorz。

このほか特筆すべきなのは、X205TA で問題のあった Wifi ドライバについて。X205TA の時は「Broadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapter」 (写真左下) だったのですが、「Qualcomm Atheros QCA9377 Wireless Network Adapter」 (写真右下) に変わっています!

L200HA に入っている OS が Windows10 の Universal update 前のものだったので、早速アップデートしましたが、wifi ドライバを再インストールするとか、デバイスのプロパティをいじるとかそういう面倒なことをせずとも、Wifi が使えます!素晴らしい! (というか、これが普通なんですけどね…)

別の話ですが、別のデスクトップ機で Linux のサーバを構築する際も Broadcom のデバイスでうまくいかなくて、ドライバをインストールして、modprobe でどうとかこうとかほにゃほにゃして…と面倒なことをした記憶があります。ホント、Broadcom って嫌になっちゃうね…。

あと、L200HA では、最初から入っている Windows が 64 ビットになっています。まぁ、普通に使う人なら関係ないのでしょうけど、開発とか Linux を弄る人にとっては、Bash on Ubuntu on Windows が使えるので、これは大きいのではないでしょうか (Bash on Ubuntu on Windows (Windows subsystem) は X205TA に入っている Windows 32 ビットだとインストールできない)。これまで、msys2 をインストールしたり、chocolatey や clink、gow をインストールしてしのいできたけど、これなら快適になれる!

そう思える PC でした。

2016/06/01

Dokuwiki 始めてみましたとか

無銘闇人の備忘録」を始めてみました、の告知です。


Raspberry を遊ばせているのももったいないので、自分のスキルでもできるウェブサーバを構築して、ウェブページでも公開しようと思い至りました。
構築方法は先人の知恵を借りると、わんさか情報が転がっているので、今回は割愛しますが、ルータのマニュアルを読んで外部公開用にちょこちょこ弄って、無料 DDNS サービス (MyDNS.jp) に登録、定期的に cron でログインさせたぐらいですね。で、ここまでは余裕で設定できました。

が、いざコンテンツについて、よくよく考えると、既に自分のホームページは Google site で作っているんですよね。かと言って Google site で公開しているものをこちらに引っ越すのも面倒…。そもそも停電とかサーバーダウンになったら誰もアクセスできなくなるし…。

あと、ブログだと、ある程度背景とかまで調べてしまい、時間がかかるし…などと、あーだこーだ考えた末、メモ感覚で更新できる wiki でも作ろうとなりました。


まぁ、wiki と言っても、いろいろな種類があるのですが、私がこれまで扱ったことがあるのは、pukiwiki
サードパーティのアドオンが非常に多く、カスタマイズ性に富んだ wiki なのですが、これは仕様が変わりやすい (?) PHP 言語でできているため、PHP のバージョンが上がると、これまでのアドオンが使えなくなって四苦八苦したという嫌な思い出があります (データ自体は使えるのですが、アドオンで整形していた場合は、レイアウトが崩れて目も当てられなくなって…)。
それでも pukiwiki の開発者やアドオンの開発者が対応版をすぐ出してくれると問題ないのですが、Ver. 1.4.7 の時に停滞していたこともあり、ちょっと不安が残ります。

なので、別の wiki にしようと思ってまず考えたのが、Wikipedia なんかで使われている MediaWiki。ただ、これはデータベースを使う wiki なので、データベースがある意味ブラックボックス化しているのと、移行を考えると、トラブったときのメンテナンスが面倒だったりするので、却下。

データベースを使わない wiki に絞り込んでみると、TiddlyWiki は1ファイルのみの Wiki で、ひとり Wiki としてはいいのですが (実際に今も使っていますが)、それぞれの項目 (tiddler) を1ページに動的に表示していくので、逆に見づらいというのがあります。

マークダウン言語のテキストファイルを自動的に解析してブラウザで表示してくれる MDwiki は、Dropbox とか Bittorrent Sync とかでサーバと同期すれば更新は楽でしょうが、スマホからちょっと編集したい場合には不向きですね。

で、最終的にたどり着いたのが Dokuwiki です。
これも PHP 言語で書かれているのですが、pukiwiki のようにアドオンで拡張せずともそれなりに使えるのが、魅力的です (かと言って、アドオンが全く無いわけではありません)。サードパーティのアドオンで支えられている状態だと開発者が対応版を出すか微妙なので、そこは心強いですね。
あと、Ubuntu のデフォルトリポジトリに入って、apt-get でインストールできるくらいですから、メンテナンスもしっかりされています。

私は、apt-get ではなく、公式サイトからダウンロードして導入しましたが、パーミッションの設定もpukiwiki ほど多くなく、楽に導入できました。

編集は、他の wiki 同様、マークダウンや pukiwiki 記法に近い独自の記法ですが、編集画面がリッチエディタなので、記法が分からなくてもほとんどの表現はできます。
また、箇条書き (リスト) は1個目を作った後、改行すると自動的に次のリストのマークを作成してくれますし、リストマーク (* や - マーク) の直後にスペースを押すと、リストのレベルを下げてくれる (Backspace でレベルを上げる) ので、編集も容易にできます。

また、見出しに対応した目次が自動生成されるのも魅力的な点です。

今後は、自分の仕事のスキルや、仕事を楽にする Tips を wiki に載せていきたいと思います (となると、このブログを続ける意義って…w)。まぁ、サーバが Raspberry なので頻繁にダウンするかもしれませんが wiki の方もよろしくお願いします。

2016/01/10

Raspberry Pi 2 Model B を買ってみたとか

ファイル同期ソフト BitTorrent Sync を Raspberry Pi 2 Model B に導入した話。


これまで、Linux の設定ファイルは Dropbox、開発中のプログラムは Copy でファイルを同期・管理してきました。

しかし、Copy で mercurial のバージョン管理をすると、mercurial の一部ファイルが同期しない問題が発生。Dropbox も容量がいっぱいのため、何か別のファイル同期システムがないかと探していたところ、BitTorrent Sync に出会いました。

BitTorrent Sync は、Dropbox や Copy 同様にファイル同期サービスですが、特徴的なのは P2P 技術*1で同期していて、容量がデバイスの上限まで利用できる点でしょうか。あと、Windows や Mac、Linux 用のソフトウェアだけでなく、Android や iPhone、ARM 用のソフトウェアもダウンロードできるのも魅力的です (様々なデバイスで利用できる)。
P2P の利点はDropbox などの多くのユーザが利用するサーバを介する同期では、サーバがボトルネックになることがありますが、P2P はデバイス同士を直接接続するため、比較的高速に同期することができます。また、容量がデバイスに依存するので、1TB など大容量の同期も可能になります。

ただ、欠点は BitTorrent Sync が起動しているデバイス同士でしか同期できないこと。つまり、片方の電源が落ちてたり、ソフトウェアが起動していないと同期できないということです。

そこで、BitTorrent Sync でファイルを同期するため、サーバを導入します。まぁ、サーバと言っても、要はどこかに常時起動の PC やらデバイスがあればいいわけです。また、個人や小規模でしか利用しないのであれば、Dropbox のようなサーバのボトルネックはないですしね。
最初は使わなくなったネットブック Lenovo IdeaPad S10-2 をそのサーバにしようと思ったのですが、物置から出してスイッチを入れても起動せずお陀仏。やっぱりある程度使ってないと、駄目になるんですかねぇ。

なので、巷で話題になっている Raspberry をサーバにしてみました。5千円程度で購入でき、サイズはキャッシュカードサイズというのが決め手です。

ちなみに、これが初 Raspberry。少しワクテカします。

早速、最新版の Raspberry Pi2 Model B + メタルケース + ヒートシンクを Amazon (Raspberry Pi2 Model B 本体+ケ-ス+ヒートシンク+USBケーブル 4点セット (極薄アルミケース(ブラック)) でポチりました。あと、Raspberry は電源や内蔵ストレージなどが一切ついてないので、それも購入しました。
で、届いたのがこれ。
パッケージ外装。シンプルなデザインで、小さいですね。シャープペンの4/5くらい?

中身。パッケージ外装よりもさらに小さい Raspberry が出てきました。サイズはシャープペンの 2/3 くらい?

ケースなども入れるとこんな感じ。

まず、microSD (内蔵ストレージ) に OS をインストールします。
自分は、Ubuntu 派ですので、今回は Ubuntu server をインストールします。イメージファイルの入手とインストール方法はこちら (ARM/RaspberryPi - Ubuntu Wiki)
簡単に言うと、イメージファイルを dd コマンドでイメージファイル内のパーティションを丸ごとコピーする感じですね。ただし、イメージファイルはパーティションサイズが最小になっているので、dd コマンドでコピーしたら、その microSD を gparted などで開いて、ext4 でフォーマットされたパーティションを microSD の最大サイズまで拡張されることをオススメします。

インストールが完了したら、組み立てます。
とは言っても、そんなに難しくないんですけどね。
内蔵ストレージの microSD を基盤の裏側に挿します。microSD はケースに入れた後も脱着できるので、これを最初にする必要はないのですが…。

ヒートシンク (写真左) を Raspberry 上のCPU や LAN コントローラにグリスを塗ってから装着させます (写真右の銀色の波々パーツ✕2)。

ケースに Raspberry を載せて、四隅を付属の銀色のねじで固定します。

ケースのカバーを上からかぶせて、側面 (USB コネクタや microSD 差込口がある面) の計 4 箇所を付属の黒い小さいねじで固定します。

ケース完成図

HDD ケースに HDD を入れて、Raspberry の USB ポートに挿します。
ちなみに、バスパワー (USB ケーブルから電源を供給するタイプ) の外付け HDD (あるいは HDD ケース) だと、Raspberry から供給される電源不足で通常では起動できない (設定ファイルで USB からの供給電流を設定する必要がある) ので、セルフパワー (USB ケーブルの他に、コンセントにつなぐ電源があるタイプ) が無難です。
バスパワーでやる場合は、microSD を別 PC で開いて、こちら (Raspberry Pi の USB ポートに 1200mA の電力供給 | Raspberry Pi) のページの通りにします。

そして、電源開封。
Raspberry とモニターを HDMI で接続した上で、100 均の USB 電源ケーブルでつなぎます (ケーブルをつないだ瞬間に電源が入ります)。
HDMI については、VGA 変換ケーブルを介しているとそのままでは画面に映らないため、設定が必要です (microSD を別 PC で開いて、こちら (Raspberry PiをVGAモニターに接続して画面出力したときのメモ - Qiita) のページの通りにします。)。

うまく、起動できたら、こんな感じに Ubuntu のサーバのコンソールが表示されます。

あとは、コンソールから openssh-server を入れると、以後ネットワーク上からアクセスでき、HDMI を外して運用することができます。

最後に、Bittorrent Sync のインストールは、 公式ページから Linux ARM 版をダウンロード (他のバージョンだと動きません)。展開した後、実行するだけです (参考サイト: Tutorial – How to set up BitTorrent Sync on a Linux server to create a Dropbox-like syncing solution | Nickology.com)。

これで、2TB のスペースのファイル同期ができたー。
mercurial でのバージョン管理も問題ないようです。


*1 P2P と聞くと、ファイル共有ソフト Winny などで悪いイメージがあるかもしれませんが、P2P 自体は通信方式、通信技術のことなので、P2P を利用したソフトが問題であって、これ自体は悪くはないんですよね (市販薬を大量に飲んで死人が出たからと言って市販薬すべてが悪いというわけではなく、使い方の問題ということ)。