2018/10/03

オブジェクト指向の理解に便利そうな記事

Qiita から届いたメールを見たら、以下のオブジェクト指向に関する記事がおすすめされていた。


今は、Python でガシガシ、オブジェクト指向で書いているわけですが、大学の時はオブジェクト指向を理解するのに苦労しました。というか、結局、大学修了時点ではオブジェクト指向は理解できなかった。大学はシミュレーション分野の研究室に入って、手続き型言語で解析して乗り切ったっけ。

そもそも、オブジェクト指向の入門書とかサイトとか読んで学習しようとすると、ドツボにハマると、今の職場に来てから思ったわけでして。

個人的にハマったのは、オブジェクト指向のコンセプトで説明しようとしている所。本来のコンセプトだからそういう説明をしたいのは分かるけど、分かりにくい。

例えば、入門サイトなんかでは、犬クラス作って、犬クラスは犬の名前の変数を持ってて、ワンワン鳴くメソッドを実装する。犬クラスには動物クラスを継承して…。なんて説明がされている。

でも、犬クラス作って、それって何がおいしいの?
と当時は思った。

それより、ある問題を出して、手続き型とオブジェクト指向のプログラムで書いた場合にどういうメリットやデメリットがあるかを示してくれた方が分かりやすい。

自分は今の職場に来てから、原子や分子の解析をしてた時に、全部のデータ (原子名や属する分子名、座標など) をリストでそれぞれ管理していた。のだが、リストのインデックスミスでプログラムが思うように動かず、最終的にオブジェクト指向にたどり着いた。

原子クラスを作って、原子名や座標などの値を格納しつつ、メソッドを呼び出せば、自動的に 2 つの原子間の距離を算出してくれる。データの扱いがとっても楽になった。

やっぱり、メリットという報酬がないと、学習意欲って湧かないよね。という記事でした。

りあるログのブログ再統合とか

以前に、このブログから、日常系のみを書く「無銘闇人のリアルろぐ」を作ったわけですが、管理の困難さから再統合することにしました。

既にリアルろぐの記事は、「リアルろぐ」ラベル付きでインポート済みです。

今後は、こっちの方でも、日常系を書いていきたいと思います。

2018/10/01

Dell タイマーが発動されたようです (いまさらながら、Inspiron 14 7460 のレビュー)

昨年の 10 月末に購入した DELL の Inspiron 14 7000 プレミアム・グラフィックス (7460)。
一応、開封の儀の写真を撮って、ブログに載せようかと思い、塩漬けしていたのですが、その PC についに DELL タイマーが発動されたようです。

DELLタイマーってのは、まぁ、ソニータイマーの DELL バージョンの都市伝説ですな。1 年でちょうど良く製品が壊れてしまうことから、壊れるようにタイマーが仕掛けられているのでは?というものです。その都市伝説ですが、私の PC もちょうど 1 年で部分故障してしまったので、これはまさにタイマーですなw。

故障したのは、キーボードの「Delete キー」と「下カーソルキー」。Delete キーは何とかなるとしても、下カーソルは致命的でしょ。

今はこの PC をメインに使っているので、修理に出したくないんだよなー。しかも、一回中身を開けて、メモリや HDD、SSD を換装しているから、多分サポート対象外だし。

別の修理業者に出すか。


せっかく、この PC のことを書く機会になったので、例の撮り溜めておいた開封の儀の写真とかでも貼り付けてみますか。
開封の儀。中身は至ってシンプルで、本体、説明書、電源ケーブルのみ。
厚さは Lenovo Ideapad U310 と同じくらいで、実測 2.3 cm。
左側面には、左から電源ケーブル口、LAN ケーブル口 (差込口は可動式)、HDMI ケーブル口、USB 3.0 ケーブル口 (左側のみ PC OFF でも充電可) が付いています。
右側面は、左から SD カード口 (micro SD ではない)、USB 2.0 口、盗難防止ロック?
多くのサイトでレビューされていますが、天板はアルミ削り出しデザインで、エッジがダイアモンドカットになっていて、なかなか良いデザインです。しかし、ダイアモンドカットって、意外に傷つきやすくて使いこなれてくると傷が目立ちますね。
広げてみた図。ディスプレイは私好みのグレア。画像などが映えます。狭額ベゼル (ディスプレイ周りのスペースが狭い) ので、14 インチディスプレイとは言え、13.3 インチのノート PC とサイズはあまり変わりません。
キーボード。DELL ノート PC によくある Backspace、Enter、右 Shift 周りが変則的ですが、ブラインドタッチに慣れている人なら少しの感覚補正で十分使えるキーボードです。私も最初はどうなんだろ?って思っていましたが、慣れるのは早かったです。手のひらが置かれるパームレスト部分もマット質感で汗でベタベタすることもないのが Good。
カメラが下に付いているのが狭額ベゼルの弊害であり、難点ですな。Skype とかすると、相手の画面には、私が相手を見下しているように見えるらしいですw。
この写真、何で撮ったんだっけ?東方プロジェクトのこいしちゃんとこころちゃんのタペストリーが写り込んでますねw。
キーボードはバックライト付きです。これで暗い部屋での作業とか、学会でも作業できますね。
PC をつけてみた。やはり、グレアディスプレイはきれいに映ります。Lenovo Ideapad U310 (13.3 インチ PC) と並べてみても、あまりサイズは変わりません。

で、この 1 年、使ってみての感想ですが、NVidia GeForce MX950 も搭載されているので、グラフィックはぬるぬる動きます。3D ゲームの 0 A.D しても問題なく動きます。ただ、排気口がディスプレイとキーボードのヒンジの隙間についているので、排気効率は悪いですね。なので、長時間、3D ゲームしているとキーボードが熱くなります。

また、Skype で通話しているとビデオでグラボがガンガン動いて、その近くにマイクが付いているようなので、相手側は少し聞き取りづらくなるようです。Skype をあまり使わないなら良い PC なんですけどねぇ。

バッテリーの持ちは、このスペックで 4 時間ほど持つので、並でしょうか。なので、バッテリーで +2 時間延長するために、DELL Companion というバッテリーも後で購入しています。

重さは、私の感覚ではリュックサックに入れて運ぶなら問題ないです。ハンドバッグは疲れるので、やめた方がいいですね。

メモリとか HDD、SSD の拡張性は地味に高いです。地味にと書いたのは、公式 (日本のサイト) では、認められていない上、一度バラすとサポートされない問題があるからです。しかしながら、仕様上にはメモリは 32 GB まで詰めます。
私は、結局メモリを追加して 16 GB で使っています。HDD も 1 TB、M.2 SSD カードも 256 GB に積み替えです。


総合的には非常に使える PC かと思います。

多分、こっちのサイトの方が詳しいですね。
【旧モデル】Inspiron 14 7460 高性能なのに安いおすすめノートPC – こまめブログ

2018/09/23

豊橋で野営してみた

本日は、大学時代のサークルのイベントに OB として参加するために豊橋に来ましたー。

数日前、この日のために、できるだけ安い移動手段を求め、高速バスを選択したのですが、大阪-豊橋の高速バスの空きが見つからない…。この日を外せば、それなりに空きはあるのですが、困ったものです。

そこで考えた無銘闇人。
最近、キャンプやら野宿 (野営)にハマっているお前にできることは?と。

はい、というわけで、豊橋で野営してきました。
事前に athenth 氏にテント設営場所のざっとした地面の状況やら治安状況やらを調べてもらっての設営です。

しかし、その後、日を改めて再検索した所、目的の日時に 1 席の空きができたので、前日乗りではなく、イベント後の野営となりました。

ちなみに今回のザックの総重量は、イベント用のスーツや道具も含めて 15 kg 程度でした。


イベントが終わったのは、17 時頃。
野営場所の人通りが少ないとはいえ、流石に夕方頃から、 テントを張ってしまうのは普段利用している方々のご迷惑となるため、夜になってから野営します。
それまでは下見も含めて時間つぶし。








この後、電源が使える TULLY'S COFFEE でモバイルバッテリーを充電しつつ、時間を潰そうかと思ったわけです。
が、あることに気づく無銘闇人。
朝にテントなどが入ったザックを豊橋駅のロッカーにぶち込んで、手持ち品だけでイベントに参加したのですが、そのロッカーの鍵たる IC カードの入ったバッグをイベントに忘れてきてしまったことを。問い合わせたら、後輩がちゃんと回収していたので、紛失は回避できたのですが、本日中に手元に戻りそうにありません。




仕方ないので、ロッカー管理者に問い合わせて、手続きと事務処理費 1300 円を支払って出してもらいました。おおまかには下のページみたいなことをします。
コインロッカーでトラブル発生!!鍵やSuicaを紛失したらこうなります

そんなこんなで、ようやく野営開始。
野営場所は、非公式な場所なので、割愛。とりあえず、大きな幹線道路から外れた場所とだけ記しておきます。






今回のテント設営タイムも 15 分程度。
夕飯も勢川本店で済ませたので、自炊なしで寝るだけです。




シュラフに関しては、

とツイートしていたのですが、夜が更けるにつれ、気温が低くなってきたので、結局はシュラフシーツに入り、NANGA のダウンシュラフに入って寝ました。秋だとシュラフの中が心地いいんですよね。


そして、朝。
5:30 に近所の散歩中と思われるおばちゃんが「みぃちゃーん。…あれ?テント?」と遠くから発した驚きの声をモーニングコールに起床。いやぁ、ご迷惑をお掛けしてすみませんorz。



早々にテントを片します。今回は 1 時間程度かかりました。

そして朝食はこちら。もともとコンビニ飯で済ませる予定で、クッカーは持参しなかったのですが、欲が出て、コーヒー用に用意したチタンマグと ST-310 で調理しました。


ちなみに調理に使ったチタンマグは有名なこちら。

その後、ツイートを見てやってきた athenth 氏と合流。次の秋キャンプに向けての軽いミーティングをしたりしなかったりで私の野営は終了したのでした。

2018/09/17

野宿してみた

この連休に何もしないのもなぁと思い、あと、新しく買ったキャンプギアも試したかったというのもあるけど、野宿をしてみることにした。

思い立ったが吉日。前日の夜に早速、モンベルのスーパーエクスペディションパック90 にバンドックのソロテント 1、オーロラセンター ZIP 350DX (シュラフ)、着替えを詰め込んだ。

他には、シルバーシート (グランドシート)、シュラフシーツ (New)、インフレータブルマット (New)、クッカー、ST-310、メスティン、サーモス ソフトクーラー 5L (New)、プラティパス 1L と 2L とか小物類。野宿なので、タープはなし。枕も着替え袋を使えば代用できるとのことで、持っていかず。それと、仕事帰りにやろうと思ったので、ノート PC 等も装備して、総重量は 18.5 kg (食料は米のみの重量)。20 kg 切ったので、今回は軽いほうかな。
もっと軽量化が必要なのだけど、どこを減らすか…。


出発したのは 13 時半。
途中の店で、レトルトのカレーと、乾燥ワカメ、こうや豆腐、ジャガイモ 1 個、豚肉少々、ふりかけなどを買って、無料の氷とともにサーモスソフトクーラー 5L に詰め込む。

ちなみにサーモスソフトクーラーってのはこれのことね。

これまで 100 均の保冷バッグを使っていたけど、保温性がいいと聞き、買ってみた。電車で店から 10 分くらいの職場で開けてみたけど、冷気を感じたわ。短時間で冷気を感じるってことは、氷の冷気がそのままキープされてるってことだから、なかなかいいんじゃなかろうか。

本当は次の日の朝の時点で、どれだけ冷気が残っているかレビューしたかったけど、残念なことが起こったのでなし。残念なことっていうのは、なんと無料の氷を入れた袋に穴があいていたのだ。クーラーバッグの中は溶けた氷で水浸し。さらに、クーラーバッグに入れていた米 (冷やしたかったわけじゃないけど、食料をまとめておいた) の袋にも穴があいていて浸水…。結局、氷は捨てざるを得なかった。


そして仕事を終え、21 時に野宿ミッションスタート。


設営場所は、職場に行く前にチェックしてあったので、特に問題なし。今回は、地面から 10 cm 程度の高さの草がもこもこ生えている場所にシルバーシートを無理やり展開してテントを設営した。こんな感じ。

うまく闇に溶け込んでいますな。




そして、遅めの夕食。


そして、懸念していたことが…。



そう、雨。
食べるだけなら、テントに入ればいいのだけど、流石に中で加熱はできないからねぇ。

その後、降ったり止んだりの雨を何とかしのぎつつ、なんちゃってカレー完成。



米は多分、氷が溶けた水で不均一に浸水したためにお粥化。あと、カレーについてもだけど、雨に気を取られてしまって調理が疎かになったのが敗因。

でも、秋のせいか、場所のせいかはわからないけど、蚊がいなかったのは良かったかな。あと、虫の音がなかなか風流でした。


食後、周囲に水場はないので、持ってきたプラティパスで持ってきた 3L 分の水を、少量、メスティンに加え加熱、そのお湯を今度はカレーを調理した鍋に加えて再度、加熱。醤油や塩を加えてスープにした飲み干した。意外にうまかった。あと、意外にきれいになった。結局、調理などで使った水は 2L。もう少し節約したいね。

飯を食い終わったところで、23 時になったので、テントに入り、シュラフの上に、シュラフカバーを敷いて寝た。本来はシュラフカバーに入って、さらにシュラフに入ってという使い方なんだろうけど、神戸は意外に湿度が高い。結局、汗まみれになるのが嫌で、こんな形になる。

というか、シュラフカバーだけでよかったんじゃねってくらい。あと、意味ないと言えば、インフレータブルマット。今回使ったのは下の製品だけど、テント設営場所が草の上だったので、なくても十分ふかふかだったのだ。ので、これまたレビューできず。


そして、朝。


ランナーの走る音で目覚めたわ。

一応、配慮して早めに片付けたけど、1 時間 15 分位かかった。もう少し早めたいね。


と、いろいろ不運な出来事はありましたが、なかなか楽しい野宿でした。