2014/07/16

iBusでxmodmapでの設定が消える問題の解決方法とか

備忘録として…。

xmodmap でキーを入れ替えたりしていて、iBus 1.5.5 で日本語入力をしていると起こるかもしれない問題。具体的には、iBus を ON/OFF (つまりは日本語のオンオフ) で、xmodmap で設定したキー入れ替えがリセットされてしまうのです。

nethack や vim、挙句の果てには GUI の操作で Esc キーをよく利用する私*は、xmodmap で無変換キーを Esc キーに入れ替えているので、この問題が生じるようになってから、日本語入力の ON/OFF をする度に xmodmap で再設定していました。

でも、いい加減、再設定するのも疲れてきたので解決方法を探してみた所、ありました。iBus の設定にあるんですね…。
手順としては、iBus の設定を開き、「詳細」タブの「システムキーボードレイアウトを使用する」にチェックを入れればいいだけです。

 


→参考にしたサイト: 「How to stop IBus from removing your xmodmap mappings | tots

* Esc キーまで指を伸ばすのはだるいじゃないですか。

2014/07/06

nemo用のimage-manipulatorに進捗バー付けたよとか

タイトルの通りで、ここ最近開発している nemo 用の image-manipulator に進捗バー付けました。 v 1.1

ダウンロードはこちらから。
ファイルを展開したらホームディレクトリ内の隠しディレクトリ .gnome2/nemo-scripts へぶち込んで下さい。

2014/07/02

nemo用のimage-manipulatorに追加スクリプトとか

前の記事で Nemo/Nautilus 上から画像を加工するスクリプトを紹介しました。

でも、よく考えたら、imagemagick でさらに多様なことをしたいとか、複数の処理を一気に適用したいことってあると思うのですよ。例えば、90 度時計回りに回転させて、サイズを 50% にして、グレースケール化するとか。

なので、ユーザに imagemagick のオプションを指定してもらえば楽なんじゃないかと思い、作ってみましたよ。

当該スクリプト「Execute ImageMagick」はこちら
前に公開したスクリプトと一緒にダウンロードするのなら、こちらから。

インストール方法は前の記事を参考に。
 

今回は変換後、末尾に「_exe」が付きます。「_exe」以外にしたい時は、スクリプトの頭にある「suffix」の中身を変えて下さい。

2014/06/30

nemo用のimage-manipulator作ってみたよとか

以前、「画像操作機能が LinuxMint でもできるようになったとか」で LinuxMint、つまり nemo で画像を編集できるようになったと紹介しました。

しかし、PPA で導入する関係上、Ubuntu 14.04 に対応する LinuxMint 17 ではインストールすることができません。毎回、要望を出したり、自分で PPA などを作ってそれぞれのバージョン用を作るもの大変です。

なので、私がよく使う機能を Nautilus-scripts/Nemo-scripts として作ってみました。

2013/12/15

画像操作機能が LinuxMint でもできるようになったとか

Ubuntu のファイルマネージャ Nautilus は、Ubuntu ソフトウェアセンターなどから「nautilus-image-converter」や「nautilus-image-manipulator」をインストールすることで、右クリックメニューで画像のリサイズや回転ができました。

一方、LinuxMint の標準ファイルマネージャ Nemo にはそんな拡張機能がこれまでありませんでした。勿論、LinuxMint に Nautilus をインストールして標準ファイルマネージャに設定すれば、上記の拡張機能は利用できます。しかし、最近の Nautilus は簡略化しすぎて使いにくく、ファイルマネージャとして利用する気が起きない。

そんなジレンマを解消してくれるかのごとく、WebUpd8 で Nemo 用の画像編集拡張機能が紹介されました。
→ 「Manipulate Images In Nautilus Or Nemo With `Image Tools` Extension ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog

導入方法は、WebUpd8 で紹介されている通り、端末から
$ sudo add-apt-repository ppa:atareao/nemo-extensions
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install nemo-image-tools
$ nemo -q
最後の "nemo -q" は、PC の再起動やログアウトでも OK です。

これで、デジカメで撮った写真の回転やリサイズがしやすくなった上、nautilus-image-manipulator にはない簡単な画像加工もできるようになりました。

画像加工の一覧は以下の通り。
  • Black and white:白黒化 (色の加減はドット調整)
  • Blur: ぼかし
  • Border: ??? (加工前後での違いがわからなかった…)
  • Contour: 輪郭抽出
  • Convert: 画像変換
  • Enhance: 画像調整 (明度、彩度、コントラスト、シャープネス)
  • Flip: 反転 (縦、横)
  • Greyscale: グレースケール化だと思う (なぜかうまくいかない…)
  • Negative: ネガ化
  • Resize: リサイズ (ピクセルと%指定可能)
  • Rotate: 回転 (回転角度と回転方向指定可能)
  • Shadow: 画像の回りに黒い枠を付ける (本来は画像に影を付けるってことだろうけど…)
  • Vintage: ビンテージ風に加工 (色褪せ加工)
  • Watermark: 別のロゴ画像挿入